酉年 因幡伯耆國 開運八社巡り 平成28年12月1日より

酉年手拭
酉年手拭

平成29年丁酉の因幡伯耆國開運八社巡りの手ぬぐいの頒布が始まりました。

【神社巡りのしかた】

一、手ぬぐいを持ってそれぞれの神社へ開運祈願の参拝。

二、それぞれの神社にある朱印を手ぬぐいに押す。

三、酉年所縁の神社と開運八社の合計九社の朱印を集め開運の縁起物や記念品に。

 

申年の手ぬぐいは本年12月31日まで頒布致します。 

 

初穂料500円也 当社の社務所で頒布致します。

 

因幡伯耆國 招運良宮(よいみや)巡り

福紗
福紗

当社をはじめ縁起の良い名前の神社八社の中からお好きな四社を選んで朱印を押し、オリジナルの福紗を完成させます。

福紗は大切なものを包むのに用います。

 

初穂料800円也  当社の社務所で頒布致します。

 

 

 

良宮巡りMAP
良宮巡りMAP
新しい朱印
新しい朱印

当社の開運八社巡りの新しい朱印

平成27年12月1日より

参拝の様子
参拝の様子

 

【開運八社巡りの由来】

鳥取県の旧伯耆国は古来より良質の砂鉄が採れる事から「たたら文化」が隆盛した歴史を持っています。当社の伝承に「ささ」は砂鉄のことであり「ふく」は溶鉱炉への送風の意味であると伝わっています。開運八社の各神社も「福」の字を冠した神社が多く(「ふく」=製鉄炉への送風)古来よりたたら製鉄がおこなわれた名残であると言われています。