樂樂福神社春季大祭(例祭 兼ねて祈年祭) 5月1日

春祭のギャラリー

4月29日の朝、当屋組の氏子によって祭礼の準備が始まります。

集合して役割分担
集合して役割分担
随神門の下でしめ縄作り
随神門の下でしめ縄作り
幟り立て
幟り立て
境内清掃
境内清掃
お疲れ様でしたお茶をどうぞ
お疲れ様でしたお茶をどうぞ

4月30日午後6時、宵宮祭(よいみやさい)を斎行して、春祭の全ての神事が滞りなく執行されますように御祈願致します。

宵宮祭
宵宮祭

5月1日、春季大祭の当日は早朝の神饌準備から始まります。

神饌盛付け1
神饌盛付け1
神饌盛付け2(大吟醸酒) 
神饌盛付け2(大吟醸酒) 
神饌盛付け3(後は、お餅と海魚のみ)
神饌盛付け3(後は、お餅と海魚のみ)
神饌盛付け4(天然真鯛の盛付け)
神饌盛付け4(天然真鯛の盛付け)
神饌5(仮神饌所)
神饌5(仮神饌所)

満開の八重桜が祭礼に花を添えます。

八重桜
八重桜

大祭の装飾も整いました。

随神門を望む
随神門を望む
拝殿に飾られた獅子頭
拝殿に飾られた獅子頭
大祭の装飾
大祭の装飾

定刻の午後1時、春季大祭(例祭)を神社本庁の献幣使・同随員を迎えて、宮司ほか4名の祭員、2名の樂員で日野支部管内では最多人員の神職が奉仕して、総代会長以下役員総代が参列して厳粛に斎行致します。

本殿の外陣に白米・玄米・お酒・お餅・真鯛・海菜・野菜・果物・塩 水・特殊神饌の緑茶・本庁幣のほか「料理水川」奉納の真鯛等をお供えします。

献饌
献饌
春季大祭の神饌
春季大祭の神饌
宮司の祝詞奏上
宮司の祝詞奏上
剣の舞奉納1
剣の舞奉納1
祭典奏樂
祭典奏樂
剣の舞奉納2
剣の舞奉納2

祭典の終了にあたり、滞りなく大祭典を斎行し終えた事に感謝して会長以下氏子総代の方々、並びに献幣使、助勤神職の方々に厚くお礼を申し述べます。

宮司挨拶
宮司挨拶
宮司 神酒拝戴
宮司 神酒拝戴
献幣使・総代会長以下神酒拝戴
献幣使・総代会長以下神酒拝戴

彰徳殿では遺族の依頼による慰霊祭が斎行されます。

彰徳殿慰霊祭
彰徳殿慰霊祭
彰徳殿慰霊祭2
彰徳殿慰霊祭2

好天に恵まれ、引き続き神幸式を執行致します。

御神輿を自動車の荷台にお乗せして、宮司以下助勤神職と副会長以下氏子総代が車に分乗して供奉を務め、氏子地域を巡幸致します。

神幸式
神幸式

日南町では知らぬ者なし、おなじみの味「くりまんじゅう」

栗饅頭
栗饅頭

祭礼を締め括る直会が社務所に於いて開催され、皆で和やかに歓談致しました。

机上には「折詰料理」のほか、旬の「筍と蕗の煮しめ」や神饌にお供えした「天然真鯛」の活造りなどが本日の御馳走として供されます。

直会
直会